子供の意見も聞く

意見卒園アルバムの制作は、基本的に園の職員や写真業者、保護者が主体となります。しかし、場合によっては、園児にも意見を聞いて反映させるのが良いでしょう。例えば、同じ時期に沢山の行事があった場合、どの行事が楽しかったのかなどを聞くだけでも、写真選びの基準が見出されます。お泊り保育や遠足など、華やかなイベントの人気がありそうですが、子供が分からしますと、園のプール遊びが一番思い出に残っているというケースもあります。大人の感性や感覚だけ写真選びをするのではなく、実際に通園していた子供の意見を聞くのも重要です。小さな子供に聞いても、参考にならないだろう…と勝手に判断してしまうのではなく、色々な意見を聞いて完成させた卒園アルバムは、一層思い入れが深くなります。

卒園アルバムを作る場合には、大人だけで決めてしまうのではなく、子供の豊かな感性を活用することによって、今までにない卒園アルバムが完成するでしょう。歴代様々なものが完成されている園の場合には、その年の保護者や園児の顔ぶれによって違いが出ることを楽しめます。卒園アルバム作りは、単純に写真を集めて掲載するのではなく、奥が深い制作活動となるのは確実でしょう。