卒園アルバムの作り方

幼稚園や保育園での時間を振り返る卒園アルバムは、手作りで保護者が完成させるものから、業者任せのものまで幅広くあります。その園の方針や過去の事例なども踏まえて、様々な卒園アルバムが制作されているのが現代です。卒園アルバムの中心的役割である写真ですが、最近では様々な形で気軽に日々撮影できるのが現状です。そのため、わざわざ社員を製本化することはないのでは…という意見もあるようです。

アルバム卒園アルバムを作る場合には、どのような段階を経て進めるのが良いのでしょう。まずは、実際にはどのような卒園アルバムが存在しているのかを調査するのがおすすめです。保護者同士のネットワークを使って、様々な園の卒園アルバムを見せてもらうのも良いでしょう。地域の枠を超えて更に奥深く調べる場合には、インターネットなどで調べて見るのもおすすめです。園任せのものがある一方で、保護者の中でアルバム専用の役員を募って、本格的なものとは違った手作り卒園アルバムを仕上げる園もあるようです。

アイデア次第では、様々なものが作れる卒園アルバムですが、保護者や縁の関係者の思いが一つの形になって完成させるのが良いでしょう。もちろん完成品を入手するのが目的ですが、その間に何度も保護者同士で集まる機会や、園の関係者と話をする機会が設けられます。そのため、今まであまり園の行事などに関わって来なかった人が卒園アルバムの関係者になりますと、園の内容や様子を理解できます。更には、保護者とのコミュニケーションも深められるでしょう。